「和の成功哲学」菅野武史 著 *世界が賞賛する日本人固有の精神。その精神「大和魂」を持つ人々に適した自己啓発・成功哲学とは?」


大阪でメンタルコーチング業・コンサルタント業を営む、菅野武史様から先日お便りを頂き、ご自身が執筆された「和の成功哲学」を拝読させていただきました。欧米人的な「個人主義的発想」ではなく、今も尚、多くの日本人が代々受け継ぐ「和の心」に焦点を向けた内容となってます。


つまり、「和の成功哲学」の中には、日本人が古来より培ってきた日本人の性質に合った知恵が紹介されています。

スポンサーリンク

今日の多くの日本人の姿



僕自身の見解ですが、今の日本人は、「私が!私が!」的な自己主張ばかりするのが当前と思われている方々が、沢山いらっしゃるのではないかとお見受けします。声には出さなくとも、心の中で自己主張ばかりしている事もそうですが。


とはいえ、僕も、自己主張する事自体が悪いとは思ってはいませんし、欧米などの多民族国家に生きる人々にとって、様々な考え方を持つ人々がいる中で自分の考えを聞いてもらう為には、胸を張って自己主張をするといったものも必要です。また、世界を相手にする日本人にとっても「我慢し耐え忍ぶ」といった控えめな態度だけでは置いていかれますしね。


しかし、自己主張ばかりが先行して、古き良き時代の日本人の精神が、忘れ去られつつあるのではないかと感じる事があります。世界が賞賛する日本人の精神とは何か?それは、日本人なら、みなさんが知っている事。そうです、僕たち日本人が昔から当たり前のように考えて行ってきているものの中にそれはまだあります。


その精神も、欧米人的な個人主義的発想が浸透する今、薄れつつあるのも事実だと思います。日本人と欧米人との違いについてこんな例えがあります。欧米人は「許してあげるが忘れない」一方、日本人は「許さないけど忘れる」これについては、過去の様々な歴史を振り返ってみてもなんとなく分かるのではないでしょうか?


この国の人々はいつまでも過去にはこだわらず、常に前を向いて建設的に生きてきています。国が違えば、基本的な考え方も違ってきます。「温故知新」世の中の流れに沿った、新しい考え方を取り入れる必要はありますが、昔から日本人が美徳として来た考え方を大切にしていく事が、日本人ならでは、本来の賢さではないでしょうか?

スポンサーリンク

「和の成功哲学」無料プレゼント



「和の成功哲学」には、日本人に古来から伝わる精神や、その精神に沿った自己啓発が紹介されています。参考になる方々もいらっしゃるはず。「和の成功哲学」は電子書籍ですが、Amazonランキングの企業・開業カテゴリーでランキング1位を獲得したのを機会に、期間限定でこの書籍の無料プレゼントのキャンペーンが行われています。


「夢を叶え成功したい方」だけではなく、「誇り高き日本人でいたい!」「武士道、サムライに憧れている!」といった方々も、ご覧になることをお勧めいたします。
【電子書籍「和の成功哲学」無料プレゼントキャンペーン】
*注 リンク先は、私たーけるが運営するサイトではなく、菅野武史様が運営するサイトとなっております。


スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。
記事がお役に立てたらポチっとお願いします♪
各ボタン、1日1回まで有効です。


*

コメントをどうぞ

CAPTCHA